トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転とは > 飲酒運転とは

飲酒運転とは

飲酒運転とはの画像

飲酒運転は、もちろんお酒を飲んだ後に車を運転してしまう行為なのですが、お酒を飲んでしまうと事故を起こさなくても車を運転するだけで刑事罰の対象となっているのです。酒酔い運転は、飲酒量やアルコール保有量の多少にかかわらず、酒に酔った状態で運転する行為なのです。さて、実は飲酒運転も二つのタイプにわけることができるのです。酒酔い運転と酒気帯び運転なのです。この二つの違いを言える人は案外少ないのではないでしょうか?

酒気帯び運転とは、体内のアルコールの程度が、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上、または、血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラム以上ある状態で運転する行為なのです。酒酔い運転とは、飲酒の量にかかわらず酒に酔った状態で運転する行為のことなのです。たとえ、アルコール検知器でのアルコール濃度が基準値より下でも対象となるのです。酒酔い運転の場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金のほか、行政処分として違反点数25点が付加され、免許取消となるのです。酒気帯び運転とは、酒に酔っている状態とはいえないけれども呼気に含まれるアルコール濃度が基準値を越えている場合に運転をしてしまう行為のことなのです。

アルコール濃度によって処罰の程度は変わってきますが検挙の対象となっているのです。悪質な飲酒運転とは、アルコールの影響により正常な運転が困難な状況で運転した場合のことなのです。人を死亡させた場合には、最高15年の懲役、負傷させた場合には10年以下の懲役が科せられるのです。

昔の人はよく、朝方寒いときに出かけるとき体を温めるために酒を少し飲んで出かけるということをしていたのです。明らかに赤ら顔をした人がバイクを運転しているということをあったようです。酒酔い運転の問題は、大きな社会問題となって来た。車社会の今の世の中では、事故は100%なくなることはないのです。しかし、酒酔い運転だけは避けられるのです。意志に問題であるからでそう思うのです。運転のミス、未熟、居眠り、脇見、過労などは意識の問題であるが、これらはある程度防げる度合いが高いと思うのです。しかしこれはその当時はよかったかもしれませんが今やれば当然違反の対象となっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 自転車の飲酒運転

実際に自転車を飲酒運転して注意された友人がいるのです。酒酔い運転の定義:道路交通法の規定では、何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならないというものなのです。法律でいう酒気とは、日本酒やビールなどの酒類に限らずアルコール分をさしているようですので、飲酒の多少を問わず、身体に通常保有する以上にアルコールを保有していたり、また、酒臭いなど、外観上、酒気を帯びていることが認められれば、飲酒運転になるのです。しかし、道路交通法百十七条によれば、罰則の規程から軽車両が除外されている

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。