トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転とは > 飲酒運転の危険

飲酒運転の危険

飲酒運転の危険の画像

飲酒運転は悪い・危険とわかっていても、お酒が一体自分の体にどういう変化をもたらすかということを知っている人は少ないのではないでしょうか?最近悪質なひき逃げ事件が多発しているのです。なんだか逃げて何時間もすると酒が冷めて血中濃度が下がるので逃げたほうはいいと、言った人がいるようです。福岡の追突し幼子が二人犠牲になった事件でも、時間が経ち、水を飲んでの飲酒量の測定は出来なかったというのです。酒酔い運転は、呼気中アルコール濃度が基準ではないのです。

この酒酔い運転で検問にひっかかる場合は、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態であって、これは警察側の方が総合的に判断することになるのです。法律を厳しくしても、後を絶たない。人間神経を麻痺させる酒は、車の運転することは恐ろしい凶器となってしまうようです。飲酒運転は、厳密にいうと酒気帯び運転と酒酔い運転にわけることができるようですがどちらも発覚すれば罰金を支払うことになるのです。

近年の交通事故件数は減少しているものの、依然高い水準にあるのです。事故を起こした場合、たくさんの人の人生を台無しにしてしまうとともに、加害者に対する法的制裁は勿論のこと、大きな社会的責任・補償を負うことになるのです。酒酔運転は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金酒気帯び運転、1年以下の懲役または30万円以下の罰金ということになっているのです。酒気帯び運転あるいは酔っぱらい運転をして交通事故を起こし、人に傷害を与えたり死亡させた場合、今までは業務上過失致死傷罪と酒気帯び運転あるいは酔っぱらい運転の罪で処罰されたのです。

この飲酒運転の罰金は、2001年に制定された道路交通法が改正され、罰の度合いが増えているのです。飲酒運転は、悲惨な交通死亡事故にもつながる危険・悪質な行為であり、万一、飲酒運転により死傷事故を起こした場合には、危険運転致死傷罪などの重い罪に問われるのです。平成19年の道路交通法の改正により、飲酒運転や飲酒運転の発覚を逃れようとする悪質な運転者に対する罰則はさらに強化され、これまで罰則がなかった車両提供や酒類提供、飲酒運転車両への同乗についても新たに罰則が設けられているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒気帯びとは?

酒気帯び運転の場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、酒酔い運転の場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となっているのです。民法に罰金はないのです。さらに飲酒運転による交通事故はあなたの信用を失墜させ、場合により失業・解雇、社会的非難の中住み慣れた我が家からの転居も余儀なくされるようです。罰金は必ず○○万円以下と規定されているのです。しかし、これは100円でも200円でも言い渡せるというわけではなく、1万円以上、と決められているのです。 したがって、酒気帯び運転の

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。