トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転とは > 飲酒運転での事故

飲酒運転での事故

飲酒運転での事故の画像

飲酒運転で事故を起こした際には保険がおりるんでしょうか?結論からいうとたいていの場合相手に対しての保険料はあるのですがあなたに対しての保険料は間違いなくあるのです。酒に酔った状態とは、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態であって、これは警察の方が総合的に判断することになるのです。 相手側の被害者に対しては保険の被害者救済の立場から賠償は保険でおりることになるのです。

酒気帯び運転とは、酒に酔っている状態とはいえないけれども、呼気に含まれるアルコール濃度が基準値を越えている場合に運転をしてしまう行為のことなのです。しかし自分自身の怪我や車の破損などは自己責任ですから補償がおりることはまずないと思っていいのです。飲酒運転の幇助という言葉を最近よく聞くようになってきているのです。この飲酒運転の幇助という言葉は知っておかないと手痛い目にあう可能性があるようですのでよく知っておくようにしましょう。つまり飲酒運転では、対人賠償保険や対物賠償保険はあるのでが自分の車の車両保険や人身障害保険などはおりない可能性が高いということなのです。

飲酒運転は、日本の道路交通法において、飲酒運転の罰則について、酒気帯び運転、酒酔い運転の2種類に分類しているのです。酒気帯び状態でトラックを運転していた男が、追突事故を起し、相手方に怪我を負わせたことを知りながら現場から逃走した、いわゆるひき逃げ事案で、その後、男は約11時間後に出頭、飲酒検査の結果、基準値以下の酒量であったが、男の供述に基づいてウィドマーク法により逆算、事故当時、酒気帯び状態であったことが裏付ける数値が得られたことにより立件したとのこととなっているのです。

飲酒運転のうち酒酔い運転は、アルコールの濃度値には関係なく、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態である場合が該当しているです。酒やビールのアルコール分は、胃や腸から吸収されたあと、大脳の新皮質に作用するのです。大脳は、知覚や運動、記憶中枢があり、自己の行動を制御する役割を演じているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ どこまでが飲酒運転?

ちょっとだけでもお酒を飲んで運転のは、やめるようにしましょう。お酒を飲ませるお店も悪いところはあると思うのです。例えば、僕の家の近くの居酒屋さんは、駐車場もあるのです。だから車でお酒を飲みに来ている人も大勢いるのです。現在、日本で広く行なわれているものとしてはハンドルキーパー運動があるのです。ハンドルキーパー運動とは、 自動車で飲食店に行って飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て飲まない人を決め、飲まない人が、仲間を安全に自宅まで送る運動で交通安全協会を含め、様々な団体

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。