トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転とは > 酒酔いとは?

酒酔いとは?

酒酔いとは?の画像

飲酒運転酒酔い運転は、歩いてふらつくかどうか、視覚が健全に働いているか、運動・感覚機能が麻酔されていないか、言動などから判断・認知能力の低下がないかなどの点を総合的に判断されるのです。アルコールは、この抑制機能を低下させてしまうようです。飲めば飲むほど神経がマヒしてしまうのです。飲酒運転の行政処分は、2002年6月よりとても厳しくなり、酒気帯び運転でも酒酔い運転でも厳しく処罰されるのです。

飲酒運転は、とっさの判断力の低下、視力の低下、正確な動作がとれ難くなる、遠近感が鈍くなる、速度を出しすぎる、運転が上手くなったように錯覚する、追突事故を起こしやすい等の危険があるのです。違反点数の累積によって免許取消しの対象者となった場合、処分の軽減の為に意見の聴取の機会が与えられ、処分対象者は意見を述べることができるのですが、酒気帯び運転・酒酔い運転で取り消しの対象となった場合は減免される確立はとても低いようです。

わかっちゃいるけどやめられない、少々飲んでも酔うはずがないとうそぶく人いずれは事故を起こしてしまうことを自覚するようにしましょう。飲酒運転の場合は、警察官はたいていの場合、飲酒の事実を確認する前に車を止めるのです。したがって、停車後に違反の事実確認を行うことになるようです。酒気を帯びて運転をしてはならないと定められているのは、 車両等なのです。車両等の中には自動車やバイクだけではなく、自転車などの軽車両も含まれるのです。

酒酔い運転は、アルコール濃度とは厳密な関係がなく、アルコール等の影響により正常な運転が困難な状態にあることをさしているのです。直立不動が可能か、歩行困難な状態ではないか、言語能力は正常かなどを調べた上で判断され、一般的には酒気帯びの基準値以上のアルコールが検出されるのが条件だが、数値的な基準はないのです。 酔った状態で自転車に乗っていれば、酒酔い運転として処罰されるのです。もちろん飲酒運転は危険だからなのです。では、なぜ危険かといえば、お酒がもたらす影響により正常な運転ができにからなのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転で免許取り消し

免許取り消しというのは、○○日免許停止と違って、いきなり運転免許が失効扱いされるわけで、再び車を運転しようと思ったら、自動車学校に通うなり、一発試験にチャレンジするなどして、免許を取り直さなければならないのです。酒酔い、酒気帯びへの罰則の強化は、2001年に引き続き2度目になるのです。救護義務違反の罰則が引き上げとなった背景には、飲酒運転者が事故を起こしたときに、重い刑罰を適用されないよう現場から逃走するひき逃げが多発したことがあるのです。 しかも、免許取り消しには欠格期間

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。