トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の規定 > 飲酒運転の規定

飲酒運転の規定

飲酒運転の規定の画像

道路交通法の規定では、何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならないというものなので、飲酒の多少を問わず、身体に通常保有する以上にアルコールを保有していたり、また、酒臭いなど、外観上、酒気を帯びていることが認められれば、いわゆる酔払い状態になくても飲酒運転になるのです。酒気帯び運転の基準以下でも、70%の人が平常時に比べ、運転操作ミスが多くなったという実験結果があり、また、ビール2杯を飲ませて道路標識をチェックさせたところ、飲酒前は95%チェックできたものが、飲酒後は62%に低下したという実験結果もあるのです。

酒酔い運転、酒気帯び運転は罰則の名称で、酒酔い運転とは、アルコールの量には関係なく、ろれつが回らなかったり、まっすぐ歩けない、直立できない等の状態で車両を運転した場合なのです。言語態度、歩行能力、直立能力この3要素がすべて正常でない状態なのです。運転でもっとも大事とされる視覚の機能が減退するのです。人間は情報の80%を目から取り入れているようですので運転に支障をきたす可能性があるのです。

信号を誤って見落としたり、横断している人などに気づかないなどの現象が起こる可能性があるのです。その他左右ジグザグに運転していたとかなのです。いわゆる酔っ払った状態で車両等を運転した場合なのです。運動機能の低下が起こるのです。ブレーキをかけようと思ってから実際にブレーキをかけるまでの反射速度などが遅くなるので事故を起こす可能性は高まるのです。酒気帯び運転の基準以下でも、70%の人が平常時に比べ、運転操作ミスが多くなったという実験結果があるのです。

体内に摂取されたお酒は脳に影響を与えるのです。具体的には判断力が鈍ってしまったり、スピード感を感じなくなってスピードを出しすぎてしまうのです。さらに注意力の低下・集中力がもたないなどの影響を出すのです。また、ビール2杯を飲ませて道路標識をチェックさせたところ、飲酒前は95%チェックできたものなのですが、飲酒後は62%に低下したという実験結果もあるのです。わずかな飲酒でも、認知・判断能力が確実に衰えることは明らかなのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒飲みは繰り返す

他にも悪いことをしていたら、一番長くて30年も刑務所で過ごすのです。飲酒運転を繰り返すという行為の背景に、常習飲酒者、多量飲酒者の存在、さらには、自らの飲酒行動をコントロールできなくなるアルコール依存症の問題が指摘されているようです。この法律ができたのは、今から約五年くらい前のことで、37万人くらいの人が賛成して、署名をしてくれたようです。飲酒運転は、誰もがいけないことと分かっているはずなのです。道路交通法の改正による罰則の強化や県民の安全意識の高揚により、飲酒運転による事

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。