トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の規定 > 飲酒運転の判断基準

飲酒運転の判断基準

飲酒運転の判断基準の画像

よく千鳥足で歩きながら、自分は酔ってないと言い張る人がいるように、酔ってない時との変化は自分では気付きにくいものなのです。酔ってる酔ってないを判断基準にしないで、飲んだか飲んでないかを基準にするようにしましょう。お酒を飲んで運転すると飲酒運転と呼ばれるのです。けど飲酒運転は、どれだけ酔っ払っているかによって、罰が違うようです。自分自身の怪我や車の破損などは自己責任ですから補償がおりることはまずないと思っていいのです。

つまり飲酒運転では、対人賠償保険や対物賠償保険はいるのですが、自分の車の車両保険や人身障害保険などはおりない可能性が高いと思われているのです。ここでは、あんまり酔っ払っていない時のことを話すのです。けど、あんまり酔っ払っていなくても飲酒運転ということは忘れないで欲しいと思うのです。お酒以外のアルコール分を含むものにはブランデー、リキュールを用いた洋菓子・酒や酒粕を使う料理・栄養ドリンクなどがあるのですが、お酒でなくてもアルコール分を含んだものを摂取し酒酔いの状態が確認されれば飲酒運転になるのです。

酒気帯び運転とは、呼気中アルコール濃度と呼ばれるものが、0.15mgを超えるくらいお酒を飲んだ場合なのです。警察官は、検問で、息をは~っってください。って言って調べているのです。は~っってした時にお酒の匂いがしたら、別の機械で調べるのです。ちなみにビールをちょっと飲んだだけでも0.15mgは、超えるのです。栄養ドリンクにもわずかながらアルコール分を含んでいる場合があるのです。またノンアルコールビールというのはあくまでお酒という基準に達するだけのアルコール分は含まれていないという意味で、アルコール分は含んでいるので注意が必要なのです。

アルコールの影響には個人差があるので注意が必要なのです。お酒を飲んで運転しているのがバレると捕まるのです。そうすると1年以下の期間で刑務所に入ることになるか、30万円以下の罰金が取られるのです。飲酒運転による悲惨な事故等もあり、飲酒運転のニュース等を眼にする機会も多いのでいっこうに飲酒運転が減らない印象をもたれている方も多いと思うのですが、全体の件数としては減少しているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒飲みの判断

判断する警察官の中できちんとルールがあるようです。ちなみに捕まると3年以下の期間、刑務所に入るか、又は50万円以下の罰金を支払うことになるのです。自動車保険の世界では、ドライバーが酒気帯び運転や酒酔い運転をしていた場合、搭乗者傷害保険、自損事故保険、人身傷害保険、車両保険は支払われないのです。 警察官の検問で捕まった場合じゃなくて、事故とか起こした場合は、もっと厳しいです。 酒酔い運転で、人をはねて、その人が死んじゃったらだと 危険運転致死傷罪という罰で、すぐに逮捕されて、

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。