トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の規定 > 飲ませた側

飲ませた側

飲ませた側の画像

飲酒後の入浴も血圧の上昇をまねき、脳卒中を起こす危険性があるのです。お酒を飲んで運転する人だけでなく、お酒を飲ませているお店の人も怒られるべきだと思うのです。運転する人も、お酒を飲ませる人も一緒になって、飲酒運転を止めようって、言わないとダメだと思うのです。 飲酒時には、安全運転に必要な情報処理能力、注意力、判断力などが低下している状態になるのです。

具体的には、気が大きくなり速度超過などの危険な運転をする、車間距離の判断を誤る、危険を察知し、ブレーキペタルを踏むまでの時間が長くなるなど、飲酒運転は、交通事故に結びつく可能性が高いようです。飲酒運転で、事故を起こして人の命を奪っても、今までは業務上過失致死傷罪っていう罰だけなのです。 これは、5年以下の期間で刑務所に入れられる罰か、50万円以下の罰金を支払わなければいけない罰なのです。飲酒運転の代償は、懲役刑や罰金だけではないのです。あなたの大切な家族や友人を巻き込んだ悲惨な現実が待っているのです。

車を運転する人は、別に初めから人をはねたりしようと思っていた訳じゃないから、過失という扱いになるんだよって弁護士の先生が言っていました。 過失ってのは、うっかり悪いことをしちゃった。というものなのです。飲酒運転取締りは、 県下各警察署で毎日行っているのですが、特に週末は取締り体制を強化して、 幹線道路や飲食街を中心に取締りを行っているのです。

このほかにも、日を指定して県下一斉取締りを行う こともあるのです。でも、お酒を飲んだら運転しちゃいけないのに、飲酒運転して事故を起こして、うっかりはないんじゃないのと言ったら、もっと厳しい罰ができた事を教えてくれたのです。夜更けに飲酒し、翌朝早くの出勤などで運転するような場合、酒気帯び運転になる恐れがあるのです。また、ノンアルコールビールなども、体質や摂取量によっては飲酒運転になる可能性があるのです。酔っ払ってフラフラな人が事故を起こして、ケガをさせたら15年以下の懲役、死なせちゃったら1年以上、20年以下の懲役という罰になったようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ どこまでが飲酒運転?

ちょっとだけでもお酒を飲んで運転のは、やめるようにしましょう。お酒を飲ませるお店も悪いところはあると思うのです。例えば、僕の家の近くの居酒屋さんは、駐車場もあるのです。だから車でお酒を飲みに来ている人も大勢いるのです。現在、日本で広く行なわれているものとしてはハンドルキーパー運動があるのです。ハンドルキーパー運動とは、 自動車で飲食店に行って飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て飲まない人を決め、飲まない人が、仲間を安全に自宅まで送る運動で交通安全協会を含め、様々な団体

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。