トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ > 飲酒運転の習慣

飲酒運転の習慣

酒飲みの意思

アルコールは大脳機能を麻痺させるので理性が失われ、たいして飲んでいないから、明日はどうしても車が必要など都合のいい理屈をつけてハンドルを握りがちなのです。反射運動能力や、集中力、平衡感覚も鈍るため、スピードの出しすぎ、ブレーキの踏み後れ、衝突などの事故の発生率も上がるのです。一口でも飲んだら運転はやめる、運転するなら一口も飲まないという、強い意志が必要なのです。アルコールが体内から抜けるのにビール1本で約3時間はかかることに注意してください。 道路交通法では何人も酒気を帯び



スポンサー広告

ネットショップ広告


飲酒運転の習慣の記事

飲酒運転の習慣のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

酒飲みの意思

酒飲みの意思

アルコールは大脳機能を麻痺させるので理性が失われ、たいして飲んでいないから、明日はどうしても車が必要など都合のいい理屈をつけてハンドルを握・・・


飲酒運転の作用

飲酒運転の作用

飲酒を続けるうちに急性耐性といって、アルコールの作用に慣れが出てきてしまうことにも注意が必要なのです。被害者の救命などを怠り逃走する卑劣な・・・


酒飲みの判断

酒飲みの判断

判断する警察官の中できちんとルールがあるようです。ちなみに捕まると3年以下の期間、刑務所に入るか、又は50万円以下の罰金を支払うことになる・・・


酒気帯びとは?

酒気帯びとは?

酒気帯び運転の場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、酒酔い運転の場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となっているのです。民法・・・


酒飲みは繰り返す

酒飲みは繰り返す

他にも悪いことをしていたら、一番長くて30年も刑務所で過ごすのです。飲酒運転を繰り返すという行為の背景に、常習飲酒者、多量飲酒者の存在、さ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転の規定

道路交通法の規定では、何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならないというものなので、飲酒の多少を問わず、身体に通常保有する以上にアルコールを保有していたり、また、酒臭いなど、外観上、酒気を帯びていることが認められれば、いわゆる酔払い状態になくても飲酒運転になるのです。酒気帯び運転の基準以下でも、70%の人が平常時に比べ、運転操作ミスが多くなったという実験結果があり、また、ビール2杯を飲ませて道路標識をチェックさせたところ、飲酒前は95%チェックできたものが、飲酒後は62%

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。