トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の習慣 > 酒飲みは繰り返す

酒飲みは繰り返す

酒飲みは繰り返すの画像

他にも悪いことをしていたら、一番長くて30年も刑務所で過ごすのです。飲酒運転を繰り返すという行為の背景に、常習飲酒者、多量飲酒者の存在、さらには、自らの飲酒行動をコントロールできなくなるアルコール依存症の問題が指摘されているようです。この法律ができたのは、今から約五年くらい前のことで、37万人くらいの人が賛成して、署名をしてくれたようです。飲酒運転は、誰もがいけないことと分かっているはずなのです。道路交通法の改正による罰則の強化や県民の安全意識の高揚により、飲酒運転による事故件数は、減少しつつあるのです。

新しくできた厳しい法律のおかげで、平成17年の飲酒運転での人が死ぬ事故は、10年前の半分まで減ったようです。飲酒運転はどれ位お酒を飲んでいるのかで罰が違うのです。ここでは酒酔い運転といって、ベロベロに酔っ払った人が運転した時について、話すのです。飲酒運転は、社会人としての常識・良識が疑われるだけでなく、会社員であれば勤務する組織のイメージ・信頼を低下させるのです。また、運転した本人だけでなく大切な家族の人生をも狂わせるのです。

ちょっとだけという安易な気持ちでいると、いずれ必ず重い代償を支払うことになってしまうのです。酒気帯び運転は、呼気中アルコール濃度が決まった数値を超えるとダメという決まりなのです。お酒を飲むと、普段は運転が上手な人でも、次の影響が現れるのです。これらは、酔いの自覚に関係なく現れ、正確な運転操作を困難にするのです。酒酔い運転は、酒気帯び運転と違い、数字じゃなくて、酒に酔った状態だったらダメという決まりなのです。

ちゃんと歩けるかとか、ちゃんと目が見えているかとか、いろいろ調べて判断するようです。酒酔い運転とは、検知されたアルコール濃度には関係なく、ドライバーの言動などから明らかに酒に酔った状態と判断された場合をいうのです。 具体的には、歩かせてみてふらつくかどうか、視覚が健全に働いているか、など、運動や平衡感覚機能が麻酔されていないか、また言動などから認知能力の低下がないかなどが判断されるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒飲みの意思

アルコールは大脳機能を麻痺させるので理性が失われ、たいして飲んでいないから、明日はどうしても車が必要など都合のいい理屈をつけてハンドルを握りがちなのです。反射運動能力や、集中力、平衡感覚も鈍るため、スピードの出しすぎ、ブレーキの踏み後れ、衝突などの事故の発生率も上がるのです。一口でも飲んだら運転はやめる、運転するなら一口も飲まないという、強い意志が必要なのです。アルコールが体内から抜けるのにビール1本で約3時間はかかることに注意してください。 道路交通法では何人も酒気を帯び

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。