トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の習慣 > 酒飲みの判断

酒飲みの判断

酒飲みの判断の画像

判断する警察官の中できちんとルールがあるようです。ちなみに捕まると3年以下の期間、刑務所に入るか、又は50万円以下の罰金を支払うことになるのです。自動車保険の世界では、ドライバーが酒気帯び運転や酒酔い運転をしていた場合、搭乗者傷害保険、自損事故保険、人身傷害保険、車両保険は支払われないのです。 警察官の検問で捕まった場合じゃなくて、事故とか起こした場合は、もっと厳しいです。

酒酔い運転で、人をはねて、その人が死んじゃったらだと 危険運転致死傷罪という罰で、すぐに逮捕されて、牢屋の中に入れられるのです。酒を飲んで酔っ払った場合、どの位運動能力が低下するかというのは、実は大変個人差が激しいものなのです。また、同じ人でも体調によって、酒の回り方は変わってくるようですので、なかなか一定の基準を設けるのは難しいようです。一番長いと20年とか30年くらい刑務所の中で反省しなくちゃいけないのです。でも、人殺しと同じだから仕方ないと思うのです。アメリカだと、飲酒運転で人を死なせると殺人罪で捕まるところもあるのです。

アルコールの麻痺が運動神経にまで達していない状態の話で、さらにアルコールの影響が大きくなっていけば、結局運転能力は素面以下になる事は間違いないのです。道路交通法では、お酒をたとえ一滴でも飲んだら運転してはならない、としているのです。さらに、吐き出した息1リットル中のアルコール濃度が0.15ミリグラム以上、または血液1ミリリットル中のアルコール濃度が0.3ミリグラム以上の者は酒気帯び運転として罰則の対象になるのです。

お酒の酔いは、酔った本人が思っているよりも、はるかに激しく運動能力や、視力、判断力などを低下させるのです。血中アルコール濃度が、0.05%、つまりほろ酔いの初期程度の酔い方でも、視力、特に動体視力は著しく低下しているので、視野も狭くなっているので、運転時の危険性は、飛躍的に高まるのです。車の運転には、的確な判断と機敏な動作が求められるのですが、お酒を飲むとこんなに反応が鈍くなるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転の処罰

条文に違反したらすべて処罰される訳でなく、アルコ-ルの量に関係なく酒に酔った状態であったときなのです。言い換えると、アルコ-ルの影響により正常な運転ができないおそれがある状態であったとき酒酔い運転として処罰する飲酒運転してしまうような人は、お酒を飲んでから対策を考えるのです。お酒を飲むと人間は正常な思考ができないことが多いようです。精神が高揚したり、気が大きくなるのです。 警察官が、現場で、運転者の動向等を客観的に観察したとき、アルコ-ルの影響で、蛇行運転していた、まっすく

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。