トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の習慣 > 酒飲みの意思

酒飲みの意思

酒飲みの意思の画像

アルコールは大脳機能を麻痺させるので理性が失われ、たいして飲んでいないから、明日はどうしても車が必要など都合のいい理屈をつけてハンドルを握りがちなのです。反射運動能力や、集中力、平衡感覚も鈍るため、スピードの出しすぎ、ブレーキの踏み後れ、衝突などの事故の発生率も上がるのです。一口でも飲んだら運転はやめる、運転するなら一口も飲まないという、強い意志が必要なのです。アルコールが体内から抜けるのにビール1本で約3時間はかかることに注意してください。

道路交通法では何人も酒気を帯びて運転してはならないといっているのは、こうした飲酒運転の恐ろしさによるものとなっているのです。飲酒運転はちょっとだけなら、わかりゃしないどの自分自身の甘えが招く取り返しのつかない犯罪なのです。飲酒事故では、酒酔い・酒気帯び運転者に酒類を提供した飲食店等に対しても捜査が行われるのです。その結果重大な交通事故を引き起こし、運転をしていた本人は当然重い罰を受け、被害者や運転手・被害者の家族には取り返しのつかない悲しみをもたらすのです。

また飲酒運転を承知で飲酒をすすめた人や飲酒運転の助手席などに乗る同乗者にも重大な責任がないのです。お酒を飲んだ直後は酔った兆候が出ないのです。だからといって、酔ってはいないと勘違いしてはいけないようです。しばらく後に必ず、酔いが回ってくるのです。お酒を飲んだ時は、絶対運転してはいけないのです。一般にお酒に対する強さは個人差があるとされるのです。

法令では呼気1リットルあたりアルコール濃度0.15mg以上が酒気帯び運転で処罰の対象となるようですが、この基準に係らず運転手の運動能力に影響がでる場合があるのです。飲酒運転してしまったという理由の一つに自分では意識が正常だと思いこんでいたということがあるのです。しかし、自分では正常のつもりでも、アルコールによって確実に判断力や運動能力が落ちているのです。たとえ一口でも飲酒をしたら絶対に運転はやめるようにしましょう。また二日酔いでの運転も飲酒運転となる場合があるのです。二日酔いでの運転も絶対やめるようにしましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ どこまでが飲酒運転?

ちょっとだけでもお酒を飲んで運転のは、やめるようにしましょう。お酒を飲ませるお店も悪いところはあると思うのです。例えば、僕の家の近くの居酒屋さんは、駐車場もあるのです。だから車でお酒を飲みに来ている人も大勢いるのです。現在、日本で広く行なわれているものとしてはハンドルキーパー運動があるのです。ハンドルキーパー運動とは、 自動車で飲食店に行って飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て飲まない人を決め、飲まない人が、仲間を安全に自宅まで送る運動で交通安全協会を含め、様々な団体

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。