トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の習慣 > 飲酒運転の作用

飲酒運転の作用

飲酒運転の作用の画像

飲酒を続けるうちに急性耐性といって、アルコールの作用に慣れが出てきてしまうことにも注意が必要なのです。被害者の救命などを怠り逃走する卑劣な犯罪ひき逃げなのです。このひき逃げ事件の逃走理由の上位には、飲酒運転の発覚を恐れ逃走するケースが後をたたないのです。ここでも飲酒運転はさらなる犯罪行為にあなたを引き寄せるのです。また被害者が死亡した最も重大なひき逃げ事件の半数以上は飲酒運転が原因なのです。飲酒した量だけ、代謝には時間がかかるようです。

アルコールは肝臓で約90%代謝され、残りの約10%は汗や尿として排出されるのですが、この割合は入浴や運動しても変わらないのです。たくさん汗をかいたからといって、10%以上のアルコールが汗として排出されることはないのです。 悪質な飲酒運転等により人を死傷させた場合は故意による犯罪とみなし、危険運転致死傷罪が適用される場合があるのです。平均的な人は 、1単位のアルコールが体内から消えるまでに約3時間かかるのです。悪質な飲酒運転の典型例として、泥酔した状態での飲酒運転で原付バイクに追突、バイクを引きづりしばらく走行、原付バイクの運転手を死亡させた上、逃走した事件もあったようです。

1単位のお酒を飲んだだけで、酒気帯び運転の基準値を超えることになるのです。しかし、これらの数値は個人差が大きいこともあり、お酒を一杯でも飲んだら運転は止めるようにしましょう。このような状況での交通事故は、過失による事故ではなく故意による犯罪として重く処罰されることになるようです。お酒を飲んで運転して検挙された場合、運転者の状態や呼気の中に含まれるアルコールの濃度によって三段階に罰則が変わるのです。飲酒運転は交通事故を起こさなくても当然厳罰に処せられるのです。

懲役刑または多額の罰金が科せられ、免許取消、停止などの行政処分が加えられるのです。初犯の場合ですが、酒酔い運転で罰金50万円、酒気帯び運転で罰金20~30万円が相場となっているのです。再犯で上限の罰金刑、常習犯で懲役刑が求刑されることが多いのです。また、飲酒運転中の交通事故では運転手自身の怪我や損害について保険は適用されないのです。仮に事故により大きな後遺症が残れば多額の治療費にも苦しむことになるようです。飲酒運転の罰則はもっと重くなっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転の処罰

条文に違反したらすべて処罰される訳でなく、アルコ-ルの量に関係なく酒に酔った状態であったときなのです。言い換えると、アルコ-ルの影響により正常な運転ができないおそれがある状態であったとき酒酔い運転として処罰する飲酒運転してしまうような人は、お酒を飲んでから対策を考えるのです。お酒を飲むと人間は正常な思考ができないことが多いようです。精神が高揚したり、気が大きくなるのです。 警察官が、現場で、運転者の動向等を客観的に観察したとき、アルコ-ルの影響で、蛇行運転していた、まっすく

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。