トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の習慣 > 酒気帯びとは?

酒気帯びとは?

酒気帯びとは?の画像

酒気帯び運転の場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、酒酔い運転の場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となっているのです。民法に罰金はないのです。さらに飲酒運転による交通事故はあなたの信用を失墜させ、場合により失業・解雇、社会的非難の中住み慣れた我が家からの転居も余儀なくされるようです。罰金は必ず○○万円以下と規定されているのです。しかし、これは100円でも200円でも言い渡せるというわけではなく、1万円以上、と決められているのです。

したがって、酒気帯び運転の場合で、罰金にする場合は、1万円以上50万円以下の範囲で裁判所が決めるのです。一時の軽はずみな気持ちでの飲酒運転は他人を危険にさらすだけでなく、あなた自身に一生消すことのできない損害を与える可能性が極めて高いことを忘れないようにしましょう。飲酒運転はお酒お頂いていたら飲酒運転になるのです。酒酔い運転は飲酒の結果、運転能力、アルコールの量で、判断が鈍くなった時なのです。酒酔い運転も、酒気帯び運転も、飲酒運転となっているのです。酒酔いか、酒気帯びかは、運転呼気1リットル中のアルコール濃度で決められるのです。

飲酒運転による交通事故の被害は、被害にあった人の家族におよぶのです。突然大切な家族を失う悲しみ、しかもその原因が悪質な飲酒運転という犯罪によるのです。あなたの家族がその被害にあった場合を考えてみるようにしましょう。決してあきらめることのできない悲しみにつつまれるはずなのです。酒酔い運転とは、お酒を飲んだ量や、呼気1リットル中のアルコール濃度検出量に関係なく、まっすぐ歩けないとか、会話がシッカリ出来ないなど、一般に言う泥酔状態の時に運転する事を言うのです。また飲酒運転により事故を起こした運転手の家族も被害者となるのです。

あなたの軽はずみな飲酒運転はあなたの大切な家族にも取り返しのつかない悲しみを与えることになるようす。飲酒運転は取り返しのつかない重大な結果を招くのです。酒気帯び運転とは、泥酔状態ではないが、呼気1リットル中のアルコール濃度検出量が0.15mg以上の状態で車両の運転をする事であり、泥酔状態ではない場合です。これを防ぐのはあなた自身の強い気持ちなのです。もしあなたが飲酒運転をしているとして、飲酒検問などで検挙されないことは決して運がいいことではないのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転の責任

飲酒運転とは、酒酔い運転と酒気帯び運転の両方をさしているのです。酒酔い運転は、酒の影響で見た目とても正常に運転できない状態のことなのです。酒気帯び運転は、酔っていなくても呼気中アルコール濃度が1リットルあたり0.15ミリグラム以上の状態なのです。事故を起こしその重大な結果と責任に気づいた後では取り返しがつかないのです。 ちょっとだけなどと甘えることなく、勧められたお酒を断る勇気、自分自身の我慢や忍耐力を強く持つことが、結果としてあなた自身を守ってくれるようです。酒気帯び運転

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。