トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の責任 > 飲酒運転の処罰

飲酒運転の処罰

飲酒運転の処罰の画像

条文に違反したらすべて処罰される訳でなく、アルコ-ルの量に関係なく酒に酔った状態であったときなのです。言い換えると、アルコ-ルの影響により正常な運転ができないおそれがある状態であったとき酒酔い運転として処罰する飲酒運転してしまうような人は、お酒を飲んでから対策を考えるのです。お酒を飲むと人間は正常な思考ができないことが多いようです。精神が高揚したり、気が大きくなるのです。

警察官が、現場で、運転者の動向等を客観的に観察したとき、アルコ-ルの影響で、蛇行運転していた、まっすくに歩けない、ろれつがまわらない等の具体的状況から正常な運転ができないと判断したときは、酒酔い運転として検挙されることになるようです。もちろんこういう日はお酒を飲まない方がいいのですが私たちも人間ですからつい飲んでしまうこともあるのです。そういう時は、周りの誰かにまだお酒を飲まない内に今日、車で来たけどちょっと飲むから代行お願いと宣言しておくようにしましょう。鍵をお店の人に渡してもいいかもしれないと思います。

法律的には、アルコ-ルの分量にかかわらず、警察官が運転者の動向から正常な運転ができないと判断すれば酒酔い運転として検挙可能なのですが、警察官の恣意的判断を排除して客観性を担保するため、実務上は、少なくとも酒気帯び運転の数値を上回るある一定の数値を重要な判断材料にしていることは事実なのです。飲酒運転の場合の事故は保険が出ないというようなことを言われることがあるのです。ですが、自動車保険は原則として被害者救済の目的があるようですから加害者に重大な過失責任があったとしても、被害者に保険金が支払われないということはないのです。

ただし、保険会社から加害者に対しては以後の保険契約を断られることは大いに考えられるのです。飲酒等の影響により、注意力や判断力等が著しく低下しているなど、正常な操縦が出来ないおそれがある状態で、操縦することは禁止されているのです。また、自転車を運転する時に飲酒運転だったら罰を受けるのかという問題ですが、道路交通法第六十五条に何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。とあり、自転車の飲酒運転も禁止されているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転の作用

飲酒を続けるうちに急性耐性といって、アルコールの作用に慣れが出てきてしまうことにも注意が必要なのです。被害者の救命などを怠り逃走する卑劣な犯罪ひき逃げなのです。このひき逃げ事件の逃走理由の上位には、飲酒運転の発覚を恐れ逃走するケースが後をたたないのです。ここでも飲酒運転はさらなる犯罪行為にあなたを引き寄せるのです。また被害者が死亡した最も重大なひき逃げ事件の半数以上は飲酒運転が原因なのです。飲酒した量だけ、代謝には時間がかかるようです。 アルコールは肝臓で約90%代謝され、

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。