トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の責任 > 自転車の飲酒運転

自転車の飲酒運転

自転車の飲酒運転の画像

実際に自転車を飲酒運転して注意された友人がいるのです。酒酔い運転の定義:道路交通法の規定では、何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならないというものなのです。法律でいう酒気とは、日本酒やビールなどの酒類に限らずアルコール分をさしているようですので、飲酒の多少を問わず、身体に通常保有する以上にアルコールを保有していたり、また、酒臭いなど、外観上、酒気を帯びていることが認められれば、飲酒運転になるのです。しかし、道路交通法百十七条によれば、罰則の規程から軽車両が除外されているようですので、厳密には自転車の飲酒運転で罰を受けるということは無かろうと考えるのです。

酒気を帯びていて、飲酒運転をするおそれのある者に対し、車両等を提供する行為を禁止しているのです。この禁止に違反した場合に、車両等の提供を受けた者が飲酒運転をしたときは、飲酒運転をした運転者と同じ罰則が科せられるのです。ですが自転車を酩酊状態で運転することは危険であり、仮に運転操作間違いで他人に怪我を負わせた場合などは傷害も含め重い刑事罰が待っているのです。

飲酒したら、自動車の運転はしないのはもちろん、自転車も押して帰るのです。運転者が酒気を帯びていることを知りながら、自己を運搬することを要求・依頼して、その者が飲酒運転している車両等に同乗する行為を禁止しているのです。この同乗禁止の対象となる車両から、旅客自動車運送事業の用に供する自動車で業務に従事中のもの及び自動車運転代行業の適正化に関する法律に規定する代行運転自動車は除外となるのです。

ちなみに法律で言う軽車両とは、自転車、荷車、その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車とされているのです。身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車は除外されているのです。飲酒すると気が大きくなり、危険な運転を危険と感じなくなるだけでなく、判断力や注意力も低下して、判断ミスによる重大な事故を起こすのです。飲酒運転は自分の意思、飲酒し運転することについやうっかりはないのです。のんだら のるな、のるなら のむなを自分自身に徹底させるようにしましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒飲みの意思

アルコールは大脳機能を麻痺させるので理性が失われ、たいして飲んでいないから、明日はどうしても車が必要など都合のいい理屈をつけてハンドルを握りがちなのです。反射運動能力や、集中力、平衡感覚も鈍るため、スピードの出しすぎ、ブレーキの踏み後れ、衝突などの事故の発生率も上がるのです。一口でも飲んだら運転はやめる、運転するなら一口も飲まないという、強い意志が必要なのです。アルコールが体内から抜けるのにビール1本で約3時間はかかることに注意してください。 道路交通法では何人も酒気を帯び

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。