トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の責任 > 飲酒運転の基本的な罰則

飲酒運転の基本的な罰則

飲酒運転の基本的な罰則の画像

一般人の場合、仕事などがあるようですので、いきなり懲役で刑務所にブチ込まれたら、それだけで人生が終ってしまうようですので、基本的に罰金刑が採用されて、罰金を支払う形になるわけなのです。アルコール依存症は否認の病といわれるように、自らが依存症であることを容易に認めたがらない傾向が強いことから、何よりも先ず、本人の疾患の自覚と専門医療機関への受診を促すことが重要なのです。また、根本的な治療は断酒しかなく、再発する割合も高いことから、本人の意思だけでは解決することが難しいため、専門相談機関の支援とともに周囲の理解や協力が重要なのです。

アルコール検知器によって検出されるアルコール濃度は、呼気つまり呼吸する時に吐き出される息に含まれるアルコールの量で、血管に混ざっているアルコールが肺の中で空気に触れて気化したものなのです。飲酒運転による悲惨な交通事故が後を絶たないのです。他の交通事故と違い、飲酒運転による事故は、ハンドルを握る前のドライバーの自覚と判断で防ぐことのできるものなのです。言い換えれば、それでも飲酒運転をするということは、悪質な犯罪でしかないようです。

呼気に含まれるアルコールは、血中に含まれているアルコールの濃度の約半分になるそうで、逆に言えば呼気に含まれるアルコール濃度の数値を2倍すればその時の、血中アルコールの濃度がわかるのです。自動車で飲食店に来て飲酒する場合、仲間同士や飲食店の協力を得て飲まない人を決め、その人は酒を飲まず、仲間を自宅まで送り飲酒運転を防止する運動なのです。ハンドルキーパー運動を推進して飲酒運転根絶の輪を広げるようにしましょう。飲酒運転や、悪質な運転での死傷事故は増加の一途をたどっているのです。

それに合わせて、刑法が2001年12月に、また道路交通法が2002年6月に改正され酒気帯び、酒酔い状態での運転、飲酒運転に対する罰則が強化されているのです。保険とは相互扶助という考え方に基づいているようですのでとりあえず事故の相手に対しては保険料は払われるのですが飲酒運転は非常に重い罪になるのです。これにより、飲酒運転などは故意の危険運転行為としてみなされ死傷事故を起こした場合は、危険運転致死傷罪など重度の刑に処される事になっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 酒飲みは繰り返す

他にも悪いことをしていたら、一番長くて30年も刑務所で過ごすのです。飲酒運転を繰り返すという行為の背景に、常習飲酒者、多量飲酒者の存在、さらには、自らの飲酒行動をコントロールできなくなるアルコール依存症の問題が指摘されているようです。この法律ができたのは、今から約五年くらい前のことで、37万人くらいの人が賛成して、署名をしてくれたようです。飲酒運転は、誰もがいけないことと分かっているはずなのです。道路交通法の改正による罰則の強化や県民の安全意識の高揚により、飲酒運転による事

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。