トップ 運転代行ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

運転代行ナビ飲酒運転の責任 > 飲酒運転の処罰

飲酒運転の処罰

飲酒運転の処罰の画像

実際に罰則の対象となるのは、呼気1リットル中0.15ミリ・グラム以上のアルコール分が検知された場合の酒気帯びと、正常な運転ができない恐れがあると判断され、より重い罰則が科せられる酒酔いのケースなのです。 アルコールまたは薬物は運転に大きく影響します。酒気帯び運転にあたるアルコールの基準値は、20歳未満と20歳以上で異なるのです。 警察官はまず、飲酒の有無を質問したり、風船を膨らませてもらったりして、飲酒が確認されると、検知器でアルコール濃度を測定するのです。

0.15ミリ・グラム以上の数値が出たら、酒気帯びか酒酔いかの判定作業に移るのです。ドライバーが大声を上げたり、しどろもどろになったりするといった受け答え、顔色に加え、ふらつかずに真っすぐ歩けるかなど、定められた項目をチェックするようにし、総合的に判断する。NZの道路交通法では、運転に影響を与えかねない薬物を服用して運転することを禁止しているのです。医師から薬を処方してもらう時には、運転に影響が出るかどうかを確認する必要があるのです。全国で摘発された件数は、酒酔いが1675件、酒気帯びが13万9198件だったのです。

大半は逮捕には至らないが、逃走を図ったり、検知拒否したりすると、逮捕されるケースが多いのです。検知拒否には飲酒運転の罰則に加え、30万円以下の罰金が科せられるのです。 もし、制限値を超えたり、アルコールテストを拒否したりした場合には罰金が課されるのです。罰金は20歳未満と20歳以上で異なり、3回以上違反した場合には罰則が重くなるのです。道路交通法には、飲酒運転をした運転者の周辺者を直接罰する規定がなく、酒類を提供する、車を貸す同乗を要求など飲酒運転を助長しても、刑法のほう助罪を援用する以外になかったようです。

しかし、この改正により、飲酒運転の周辺者を直接処罰できるようになっているのです。飲酒等の影響により、注意力や判断力等が著しく低下しているなど、正常な操縦が出来ないおそれがある状態で、操縦することは禁止されているのです。また、自転車を運転する時に飲酒運転だったら罰を受けるのかという問題なのですが、道路交通法第六十五条に何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。とあり、自転車の飲酒運転も禁止されているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


運転代行ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 飲酒運転の責任

飲酒運転とは、酒酔い運転と酒気帯び運転の両方をさしているのです。酒酔い運転は、酒の影響で見た目とても正常に運転できない状態のことなのです。酒気帯び運転は、酔っていなくても呼気中アルコール濃度が1リットルあたり0.15ミリグラム以上の状態なのです。事故を起こしその重大な結果と責任に気づいた後では取り返しがつかないのです。 ちょっとだけなどと甘えることなく、勧められたお酒を断る勇気、自分自身の我慢や忍耐力を強く持つことが、結果としてあなた自身を守ってくれるようです。酒気帯び運転

運転代行ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。